@ledsun blog

Hのキーがhellで、Sのキーがslaveだ、と彼は思った。そしてYのキーがyouだ。

Selenium2.0ってどんなもの?とりあえず動かしてみよう!

Seleium2.0の全体像の説明はWebDriver - あすかぜ・ねっとが参考になります。
しかし、実際に動かしてみないとピンと来ないのでGettingStarted - selenium - Getting started with WebDriver - Browser automation framework - Google Project Hostingに従って、Selenuim2.0を動かしてみましょう。

ダウンロードする

  1. 今は2.4が最新
  2. 好きな場所に解凍する

Eclipseで新規Javaプロジェクトを作る

  1. プロジェクト名はGettingStartSeleniumなどおすすめ

プロジェクトの参照ライブラリにダウンロードしたjarを追加する

  1. プロジェクトを右クリックして「ビルド・パス(B)」 > 「外部アーカイブの追加(V)」
  2. selenium-java-2.4.0.jar
  3. libに入ってるすべてのjar

ソースを追加

package org.openqa.selenium.example;

import org.openqa.selenium.By;
import org.openqa.selenium.WebDriver;
import org.openqa.selenium.WebElement;
import org.openqa.selenium.htmlunit.HtmlUnitDriver;

public class Example {
    public static void main(String[] args) {
        // HtmlUnitのインスタンスを生成します。
        // 続くコードは実装ではなくインタフェースに依存します。
        WebDriver driver = new HtmlUnitDriver();
        // Googleを訪問します。
        driver.get("http://www.google.com");
        // Inpu要素を名前で検索します。
        WebElement element = driver.findElement(By.name("q"));
        // 検索キーワードを入力
        element.sendKeys("Cheese!");
        // Submitします。WebDriverが自動的にFormを見つけます。
        element.submit();
        // ページタイトルを確認します。
        System.out.println("Page title is: " + driver.getTitle());
    }
}

実行する

  1. 追加したExample.javaを右クリックして「実行(R)」 > 「Javaアプリケーション」
  2. EclipseのコンソールにCSSに関する警告が一杯出ますが、最後に「Page title is: Cheese! - Google 検索」て出てたら成功です。

FirefoxDriverに変えて実行してみる

package org.openqa.selenium.example;

import org.openqa.selenium.By;
import org.openqa.selenium.WebDriver;
import org.openqa.selenium.WebElement;
import org.openqa.selenium.firefox.FirefoxDriver;

public class Example {
    public static void main(String[] args) {
        // インスタンス化するクラスをFirefoxDriverに変更します。
        WebDriver driver = new FirefoxDriver();
        driver.get("http://www.google.com");
        WebElement element = driver.findElement(By.name("q"));
        element.sendKeys("Cheese!");
        element.submit();
        System.out.println("Page title is: " + driver.getTitle());
    }
}
  1. 実行するとFirefoxが起動して「Cheese!」を検索します。
  2. EclipseのコンソールにはHtmlUnitDriverと同様に「Page title is: Cheese! - Google 検索」と出ます。

分かったこと

ブラウザを操作するコードをJavaで書けることがわかりました。ここまでなら「Oleでいいじゃん」て話です。
あとは検索条件を指定する抽象クラスByの名前がかっこいいですね。