読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@ledsun blog

Hのキーがhellで、Sのキーがslaveだ、と彼は思った。そしてYのキーがyouだ。

リーンスタートアップとアジャイルの相似

Agile

勉強会

最近よく耳にする言葉「リーンスタートアップ」が気になってLeanStartupNight - Eternal Rotation! - - DevLOVEに参加してきました。

本は未読。帰りにアマゾンで買いました。

今日の理解

ビジネスモデルの研究

リーンスタートアップは「ビジネスモデルの研究」。R&D(研究開発)のDのプロセスを整理したもの。
ビジネスモデルの仮説「ある人が抱えているある課題を解決すると儲かる」を検証する作業。
「商品を作る」から商売の一部だと考えがちだけど、あくまで研究開発。

アジャイルとの相似
  • リーンスタートアップ:仮説を机上だけでなく商品を作ってユーザに使ってもらって検証する。
  • アジャイル:設計を机上だけでなく実装してリリースして確認する。

どちらも繰り返し行うが、テーマ・領域が異なるので同じものではない。

図にまとめるとこんな。

感想

リーンスタートアップの導入理由

最初FUDだった。けど最後まで聞けば伝わる。なるほどああいう表現もあるのか。

FUDってのはリーンスタートアップはブルーオーシャン向けなので、レッドオーシャン向けのやり方をdisりまくるw

  • 単純労働はなくなる。=>100年前から言ってるけど無くなってないから
  • 想定外の力に対応しなければ。=>いつの時代もね
  • 今までのレッドオーシャン向けの新規事業立ち上げはダメ。=>そういう仕事も無くならない

アンゾフの4象限あたりから、しれっとドメイン絞った話になってる。

良かった表現

  • 「アントプレナーの砂時計」お金、動機、サポート。確かに、どれが切れても止まっちゃうし、時間とともに勝手になくなる。
  • 「ArtからScience Management」成果が出るんだか出ないんだかよくわかんないけど、管理しなきゃいけないってのは、まさに Science の Management。

具体的にどういうことやんのかは分かんなかったので、本を買って読む。

なぜ私は「リーンスタートアップ」へと辿り着いたのか

請負の壁は確かにある。非常に考えさせられる。

Q&A

和波さんのトーク力やべぇ。
いやらしい質問も出たけど、確実に自分の土俵に持ってきてきっちり回答してくる。なんか妙な感じがあっても、ものすごい納得感力がある。

  • Q「LeanStartupでiPhone作れんの?」(意訳)
  • A「iPodが検証だった」(意訳)
  • Q「LeanStartupの成功事例ってあんの?」(意訳)
  • A「仕組みの導入成功という意味ではある」(意訳)
  • Q「ユーザとスポンサーのどっちを見たらいいの?」(意訳)
  • A「どっちでもない、収益が上がると思って立てた仮説のはず。検証して収益上がらなかったらピボット」(意訳)

昔は開発側のPMやってたっていうけど、こんな人がPMやってりゃ開発側は儲かるわ。開発者からしたら、頼もしいけど怖くて嫌な上司だったんだろうな…。

広告を非表示にする