@ledsun blog

Hのキーがhellで、Sのキーがslaveだ、と彼は思った。そしてYのキーがyouだ。

Spring3入門 読書メモ

ゆえあって年明けからspringを使うので勉強メモ

第1章 SpringとWebアプリケーションの概要

オレオレWebアプリケーション設計論。要る?一般論としては中途半端。知らない人には理解できない話だろうし、知っている人は「言いたいことは分かるけどプロジェクトによって違うだろ・・・」って話。フレームワークに依存した話なら「spring使うときはこうやって設計すると効率的」の方が分かりやすい。「こういう理想があってそれを実現するための諸々の面倒くさいことを肩代わりしてくれるのがspringなんだよ!」って伝えたい気持ちは分かる。

第2章 SpringのDI

WebアプリケーションのDIコンテナ

実装が一つしかないインタフェースを定義するところがかっこ悪い。プラグイン機構としてのDIならいい。2007年のSeasarブームの時に感じてたDIに対するワクワク感はなんだったのか・・・。

インスタンス生成がSingleton

記述がやたら出てくる。インスタンス生成のコストなんて多寡が知れてるだろうにそんなに重要?と思ったがASP.NETでもServiceとDAOはstaticクラスで実装している。(メソッドをまたがる)状態を持たないのでインスタンス化する必要がない。Javaにもstaticクラスがあればいいのにね・・・。いずれにせよDIを使う以上インスタンス生成は必要なので原則Singletonでよさげ。「ServiceやDao以外のインスタンスDIコンテナから取得したくなった時にSingleton以外の生成方法も可能」だって話ね。とりあえずそんなシチュエーションは思いつかない、大抵は依存性を注入する必要もないだろうからnewすれば事足りるはず。フレームワークだから逃げ道は大事だよね。

AutoCast

サンプルコードのBeanFactory.getBeanにダウンキャストがついていない。Javaにもジェネリックメソッドってあるんだっけか。

privateフィールドにインジェクション

当たり前らしい。正しいと思うけど、結局フレームワーク依存だよね。POJOとはなんだったのか?まあJUnitでテストできればそれでいいよね。

JUnit4のassertEquals

ProductクラスがEqualsを実装していないのにassertEqualsでインスタンス同士を比べている。もしかしてJUnit4て中身比べるようになっているの?もしそうなら一体何を見ているんだろう?publicなgetter?

Mockに差し替え

どうやってやるのかな?そのうち出てくるのだろう。

第3章 SpringのAOP

AOP活用のサンプル

connectionの生成とtry-catch-finalyがなくなったのでAOP凄いでしょドヤァとか言われてもだな。いい加減usingを実装しろ!今ではtry-catch-finalyが呪いの句にしか見えないんだ。でも、コネクションの取得と解放がロジックからごっそりなくなるのは良い。

トランザクションの中断

ロジックからトランザクションを参照できないと、ロジックの途中でRollbackしたい時は例外投げるしかないのかな?なんて例外投げればいいんだろう?まあ、そんなこと滅多にないか。

コネクション取得のタイミング制御

複数DB間のデータ移行処理とかで、参照DBからのデータ取得が終わっってから更新DBのコネクション取得したい時はどうすんのかな?参照用と更新用の二つにServiceクラスを分ければいいか。

規約

コネクションを刺しこむメソッド名の規約とか考えるの大変そう。Railsフレームワーク側で決めててくれるから楽なのかな?Microsoftはそこまでは面倒見てくれななぁ。

Aspectとかって・・・

AOPってAspectってふわふわしてるくせに妙に期待させる名前がよくない。やることって実行時にメソッドの事前処理と事後処理をぶっこむだけじゃん。

第4章 データアクセス層の設計と実装

DAOパターン
  • J2EEの系譜だけあってDAOパターン。
  • DAOパターンのメリットをDBアクセスのコードが長いからって言われても引くよねぇ…。PreparedStatementやResultSetをクローズしなきゃいけないのもSQLExceptionが検査例外なのもJDBCの仕様がクソだから。とはいえその辺が解決されているC#でも活用してるからDAOパターンは使うべき。
  • データアクセス方式を丸ごと変えることは滅多にないけど、テーブルのカラムが増減することはよくある。その時の変更がDAO、DTO、UIだけでビジネスロジックに及ばないっていうのは動作確認するときに、画面に表示されていてデータベースに格納されていることを確認すればいいと明確になるので助かる。
  • DAOパターンは実装しやすい。「SQLを実行してDTOに詰めて返すところだけをDAOに実装してください。」って説明をするだけで初めてDAOパターンを使う人でも8割方上手く書いてくれる。これは色々なレベルのプログラマと仕事をしなきゃいけない時にとても重要。
Spring JDBC
  • これはAlhambra*1のおじいちゃんだった。初めて対面した。Alhambra自体はS2 JDBCインスパイヤしたものだけど、今となってはSpring JDBCの方がよっぽど似ている。なので、とても参考になる。
  • AlhambraはDIを想定していないので、トランザクションビジネスロジックで明示的に制御する。Springでトランザクションをどうやって制御するのか知りたいけど、きっと5章に書いてあるのだろう。
  • MAPで返すインタフェースもあれば便利だ。外部とのインタフェースがWEBサービスで最終的にJSONで返すならDTOにする意味ない。DataContract付けるならDTO定義した方が楽からも知れない。
  • 匿名クラスでSELECT結果をDTOに変換・・・Javaだとそうだよねぇ。ラムダ式使いたい。
  • JOINした結果を処理するResultSetExtractorってやる気ねぇなぁ。まあこんなことするくらいならSQL二回発行してDAOで親クラスにsetすればいいよ。パフォーマンスが問題になったときだけ使うべき。
  • updateってメソッド名はどうなんすか?とおもったけどJDBCのexecuteUpdateってメソッド名と対応しているのか。
  • batchUpdateもパフォーマンスチューニング用ですね。正直SQL文の発行を多少まとめても、INSERT/UPDATEのDISK IOの方が遅いからそんなに性能は変わらない気がする・・・。まあDBサーバとの通信が遅いとかFusionDrive積んでるとかサーバ構成次第。AlhambraはSQLを一回文字列に変換しているので複数SQL専用のAPIは用意していない。これもADO.NETJDBCの違い。ADO.NETは常にpreparedStatemen相当の動きなので。
  • プロシージャコールのAPIも格好悪い。preparedStatement無視していいならuupdateで代用できるんだけど、APIとして分かりづらいんだよね。
汎用データアクセス例外。

これはJDBCが死ねって話でしかないと思う…。まあJavaだからしょうがないよね。

JNDI

JNDIを使用してアプリケーションサーバからデータソースを取得って、J2EEっぽくて面白い。

第5章 ビジネスロジック層の設計と実装

Serviceのメソッドにトランザクションを追加する設定方法が一通り書いてある。

なんでDAOにトランザクションを渡せるのか理解できん。

第6章 プレゼンテーション層の設計と実装―Spring Web MVC

第7章 プレゼンテーション層の設計と実装―Spring Web Flow編

第8章 Struts1とSpringの連携

第9章 Struts2とSpringの連携

第10章 HibernateとSpringの連携

  • HibernateはモデルからSQLを生成。テーブルからモデルを生成するツールがついてくる。
  • オブジェクトを取得して改変するとflushするかトランザクションを抜ける時に全変更をDBに反映する。DBに反映する前でも整合性違反があれば例外が上がってくる。
  • SELECT時はHQLというSQLをちょっとだけ抽象化した言語を使う。知らないでコードを読むと一見SQLに見えるのでびっくりする。知っていれば何となく読める。
  • HibernateTemplateはSpringが提供している便利クラス。よく使われているけどHibernate4以降には非対応。

第11章 JPAとSpringの連携

第12章 MyBatis2.xとSpringの連携

第13章 MyBatis3.xとSpringの連携

付録A Spring Tool Suiteのインストール

付録B Spring3.0以降の新機能

付録C 動作確認に使用したライブラリについて

*1:自作のDBアクセサ。https://github.com/ledsun/Alhambra

広告を非表示にする