@ledsun blog

Hのキーがhellで、Sのキーがslaveだ、と彼は思った。そしてYのキーがyouだ。

6to5で作ったnodeライブラリ

ライブラリをES6で書いて公開する所から始めよう | Web Scratch 読んで触発され、 6to5を使ってライブラリを書きました。

作ったライブラリ

チャットワークにメッセージをポストするだけの関数です*1

こんな感じで使います。

var apiToken = 'AAA',
    roomId = '1234'

postChatworkMessage(apiToken, roomId, 'hello world')

6to5の使い方

ライブラリをES6で書いて公開する所から始めよう | Web Scratch のままです。

build

6to5 src --out-dir lib --source-maps-inline

test

結果があることだけ確認して、中身は確認していないので、 power-assert無し。 mochaのみで書きました。

mocha --compilers js:6to5/register

package.jsonのfiles

libだけにしました。

個人的にnodeモジュールの使い方がわからないときに、テストコードを参考にします。 テストコードを公開パッケージに入れた方がいい気もします。

今回はテストコードがドキュメント以上のことを言わないので、 除外しました。

使ったES6構文

最初にES5で書いて traceur-compiler 入門 - from scratch を参考にしてES6に書き換えました。

  • const
  • let
  • arrow functions
  • modules
  • template strings

今回は、Array comprehensionsやGeneratorsのような、新しい使い方の文法は使いどころがありませんでした。

ドキュメントの話

同じく触発されてJSDocで書いてみました。 が

  • 一関数モジュールにはちょっと過剰?
  • jsdoc-to-markdown が生成するドキュメントは見た目があまり好みでない

JSDocが作るテーブルを真似して、手でMarkdownを書きました。 https://github.com/ledsun/post-chatwork-message#parameters

*1:AWS Lambdaでチャットワークに通知する処理に使いたくて書きました。複数メッセージ送信をPromise.allで待ち合わせたいので、Promiseを返します。

広告を非表示にする