@ledsun blog

Hのキーがhellで、Sのキーがslaveだ、と彼は思った。そしてYのキーがyouだ。

モカ・マタリ・アールマッカ

モカ・マタリ・アールマッカというブランドのコーヒー豆を調べたメモ

モカとは

イエメン産とエチオピア産のコーヒーをモカと呼びます。 モカの名称は港の名前に由来します。

モカ とは、イエメンの首都サナアの外港であるモカからかつてコーヒー豆が多く積み出されたことに由来する、コーヒー豆の収穫産地を指すブランド

モカの港からは、イエメン産のコーヒー豆の他、対岸のエチオピア産の豆も一緒に輸出されたため、両国産のコーヒー豆を合わせて「モカ」と呼んでいる

モカ - Wikipedia

モカ港

今はモカ港からコーヒーは出荷されていません。

現在、コーヒー豆集散地の機能は無く

モカ - Wikipedia

豆の特徴

モカ香と酸味が特徴のようです。

モカ香: イエメン、エチオピアのコーヒーのみが有する独特の香りです。ヨーロッパではワインフレーバーと表現されますが、少し違う、と感じながら的確な表現が見つかりません。

味: 柔らかい酸味が特徴。深めに焙煎しても柔らかい口当たりの苦味になります。

辻調おいしいネット / カフェ・マニアックス

生豆の品質はあまりよく良く無いようです。焙煎者の手間(ハンドピック)によるところが大きそうです。

外見: 粒(小粒のものが多い)と色が不揃いで、高級品でも欠点豆が多数混入し、一言で言えば貧相なコーヒーです。

辻調おいしいネット / カフェ・マニアックス

モカ・マタリとは

モカの中でも、モカ・マタリは耳なじみが良いです。コーヒールンバの歌詞に登場したためのようです。

コーヒールンバ」に唄われていたためか、日本でも人気が高い

モカ - Wikipedia

それは素敵な飲みもの コーヒー モカマタリ

西田佐知子 コーヒー・ルンバ 歌詞

産地

イエメンのバニーマタル地方で生産された豆をモカマタリと呼びます。

イエメンのベニーマタール地区で産出される最高級銘柄

イエメン コーヒー豆の詳細

イエメン国内でも、昔から最も優良なコーヒーを産出する地方

アラビア語で「バニー」は「子孫」、「マタル」は「雨」を意味します。  直訳すると「雨の子孫達」となり、名前からも雨に恵まれた地方であることが想像できると思います

「モカ・マタリ」は、本来、このバニー・マタル地方で採れたコーヒー豆のことだけをいいます

「モカ港から輸出されるバニー・マタル」の「マタル」が名詞化して「マタリ」となり、「モカ・マタリ」と呼ばれるようになった

バニーマタル3地域のコーヒー of 待夢珈琲店

豆の特徴

モカ香がなく、フルーティな酸味とスパイシー香が特徴のようです。

味は、甘みが特に豊かで、フルーティーな酸味があり、柔らかく、下にまとわりつくような脂肪感があります。香りは若草の爽やかな香り(特にニュー・クロップが強い)や色々なスパイシー香があり、一般にいわれているモカ臭はありません

バニーマタル3地域のコーヒー of 待夢珈琲店

「醗酵層の歴史が独特の酸味を産む」伝説があります。

モカマタリ独特のフルーティな香りと,甘酸っぱい味わいの秘密は収穫から珈 琲豆に加工される工程で,醗酵層に入れられるところで発生するようです。

イエメンのばあいはアラビカ種であっ ても自然体で天日乾燥(アン・ウォッシュト)され,脱穀機で乾いた果肉部分が削ぎ落 とされます。 果肉の下にはパーチメントという薄くて堅い皮があって,それを剥ぐ手段として醗 酵層に入れられパーチメントが醗酵によって柔らかくなるまで待ちます。 柔らかく名った時点で取り出され,精米機のように豆同士で擦り泡さてパーチメント と豆の表面にこびり付いているシルバースキン(銀皮)という薄皮が剥がされ珈琲豆と いう製品になる

イエメンでは醗酵層が100年前の状態のまま使 われているので,永年積もり積もった発酵菌が繁殖して独特の香りを付けるのだという 報告を聞きました。あのモカマタリの独特の甘酸っぱい香りと味わいは,醗酵層100年の歴史なんです

商品詳細|Dream Coffee(ドリーム コーヒー)

モカ・マタリ・アールマッカとは

欠点豆のおおいモカの中では選別が厳しく、扱いやすい豆が揃っているそうです。

現地で豆の大きさの大きいものだけを手作業で選別した極上豆をアールマッカと呼びます

イエメン コーヒー豆の詳細

イエメンで最新式のイタリア製選別機を所有する輸出業者が、原料の買い付け後、標高2700メーターの清涼な気候の丘陵地帯で保管と選別を丁寧に行っています

10月から2月にかけての収穫期に、3~4回程度、完熟チェリーのみを手摘みで収穫しています。そののち、各家庭の屋根で1週間ほど天日乾燥。そのチェリーはエリアごとの集売・脱穀業者に買い取られ、それを輸出業者が買い取ります。アールマッカを供給している輸出業者は買い取ったチェリーを最新の選別機でしっかり精選

商品のご案内|自家焙煎珈琲豆の製造直売・通販・卸「みずむら珈琲」

マタリの最高級品の一つとして流通している。イエメンの特徴的な短形の豆で、粒もかなり揃っていて、欠点豆も少ない。酸味も綺麗で味の濁りもなく、モカとしては扱い易い優れたコーヒー。ボディは強いが、なぜかモカ香は弱い。あまり徹底したハンドピックはしない方が良いかも

辻調おいしいネット / カフェ・マニアックス

価格

焙煎後で、100g 660〜850円で流通しています。

広告を非表示にする