@ledsun blog

Hのキーがhellで、Sのキーがslaveだ、と彼は思った。そしてYのキーがyouだ。

読書感想文

外れスキル「影が薄い」を持つギルド職員が、実は伝説の暗殺者 4

チート主人公が活躍する漫画。 単に活躍するだけでは面白くなくて、活躍した結果誰かが救われると面白くなります。 ギルド職員だけあって、困っているギルド利用者が救われる話が面白いです。

主人公が活躍するときの説明が「主人公が強いって設定だから」で終わってしまうので、いまいち解決にいたるまでの緊張感がなくカタルシスが感じにくいです。 主人公が困っている人を助けるときは、困っていることの説明があるし、主人公の能力の高低にかかわらず、問題にフィットした解決策を出せるかどうかに緊張感があって良いです。

4巻は、ギルド関係なく、主人公一人で解決しまいがちでした。

宇宙検閲官 2巻

女子高生が未来から来た謎のイケメンに助けられる漫画です。 作者のロボット愛が高いことを知っていたので、作者買いです。 期待通りに、作画の面倒くさそうなロボットがたくさん出てくるのが良いです。

f:id:ledsun:20210814093320p:plain
作画の面倒くさそうなロボット

このロボット、この一瞬しか出てこないのに、ちゃんと顔とか首元まで細々とデザインされているんですよ。