@ledsun blog

Hのキーがhellで、Sのキーがslaveだ、と彼は思った。そしてYのキーがyouだ。

Mac で go

Mac OS Xでgo言語の開発環境を用意します。

goをインストール

brew install 

インストールが成功したか確認してみましょう。

go version

Hello World

hello.goファイルを作成します。

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Printf("hello, world\n")
}

go runコマンドで実行します。

go run hello.go

go buildコマンドでコンパイルします。

go build hello.go
./hello

パッケージ管理

go getコマンドでパッケージをインストールします。

環境設定が必要です。

mkdir $HOME/go
export GOPATH=$HOME/go
export PATH=$PATH:$GOPATH/bin

mercurialを使ってパッケージを取得するにはmercurialコマンドも必要です。

brew install mercurial

例えばgo言語の公式チュートリアルを取得するには

go get code.google.com/p/go-tour/gotour

実行します。

gotour

起動します。

エディタ

ATOMを使います。

go-plusプラグインを入れると何か色々入ります。 さらにscrptプラグインを入れるとcmd + iで実行できます。

goコマンドにPATHが通っている必要があります。ATOM

export GOPATH=$HOME/go
export PATH=$PATH:$GOPATH/bin

したターミナルから起動してください。

それから

A Tour of Goを地道に読めばgoマスター(たぶん)。

広告を非表示にする