@ledsun blog

Hのキーがhellで、Sのキーがslaveだ、と彼は思った。そしてYのキーがyouだ。

勉強会

#rubykaigi 2018でLTしました

会社がお金を出してくれるのでRubyKaigiへの参加が決まっていました。 どうせ参加するなら何かしら発表したいです。 LTに応募したら通りました。 資料です。 speakerdeck.com 結論に被さるぐらいの勢いで銅鑼が鳴りました。 英語で発表 英語での発表にチャレ…

Roy Fieldingの論文

qiita.com RESTについてRoy Fieldingの論文原著を必ず読んでください 本文は読んでいません。周辺情報を調べてみました。 Architectural Styles and the Design of Network-based Software Architectures が論文全体です。 ネットワークを使ったアプリケーシ…

面白かったけど役に立てられる気がしないセッション #rubykaigi

Hijacking Ruby Syntax in Ruby Hijacking Ruby Syntax in Ruby from SATOSHI TAGOMORI クレイジーでした。Binding#local_variable_set や TracePoint を使ってRubyの言語仕様を拡張しようという趣旨です。 CRuby本体を拡張せずに、新文法のProof of concept…

印象に残ったセッション #rubykaigi

Ferrari Driven Development: superfast Ruby with Rubex Parallel and Thread-Safe Ruby at High-Speed with TruffleRuby (Keynote) Ferrari Driven Development: superfast Ruby with Rubex RubyのC拡張を作るためのプログラミング言語の話でした。 グルー…

仙台駅から国際センターまで歩く #rubykaigi

1.5kmぐらいですが、だらだらと見物しながら歩いて1時間ぐらいでした。 市街 街に歴史あり 大町西公園駅から広瀬川を渡る 主要部から徒歩圏内でこの景観 ゴール 伊達家の家臣のお家の跡にカンファレンスセンター

RubyKaigi 2018 参加に関するお金の話

弊社では、今年からRubyKaigi 2018への参加支援を始めました。 今年は3人の参加者がいます。 主にお金周りの準備の仕方のメモを残します。 参加費 参加者個人で申し込んで支払いました。 以下の文書で経費精算 doorkeeperからの支払い確認メール Paypalから…

redmine.tokyo 第13回勉強会勉強会参加録 #redmineT

redmine.tokyo に参加してLTしてきました。 speakerdeck.com 経緯 Redmine Wikiのツリー構造をドラッグ&ドロップで編集できるようになったので、ちょっと見てって pic.twitter.com/p0gC7XxKla— ぎゃばん (@ledsun) 2017年10月24日 Pluginを作ってツイッター…

とてか04に参加しました #toteka

d.hatena.ne.jp 椎葉さんの発表がぐっときた すごかった。 「失敗したチームメンバーがいた時に、笑ったらいかんよ」と説明すると言っていました。 「そこまでやるのか。やると意味があるのは想像できるけど、自分ではできない」という意味ですごかったです…

東京Node学園祭2015に参加しました #nodefest

本編短評 Node Discussionがめっちゃくちゃ面白かった @domenicさんはbabelが好きじゃない*1。moduleはもっと好きじゃない*2 Node.jsにES6 moduleサポートが入る目処は立っていない。そもそも仕様が決まっていない。 power-assertはNode.jsのコアに入らない…

#TestingFrameworkMeeting に参加しました(1) - テスティングフレームワークの歴史

参加した時のメモです。 t-wadaさん Testing Framwork Meeting テスティングフレームワークの歴史 http://www.slideshare.net/everzet/bdd-in-symfony2/42 のスライドがベース。 有史以前 make checkのように、テストを自動化する風習はあった。 開発者はそ…

東京Node学園祭2014に参加しました #nodefest

東京Node学園祭2014に参加しました。 nodeschool in Japan maxwell ogdenによるNode.jsのワークショップの日本出張版。 Nodeschool Tokyoに大体の内容が書いてある。 maxogden/levelmeup-jp · GitHub をやってみました。 levelmeup-jpコマンドでターミナル上…

とてか03にて発表してきました #toteka

咳マニアの集うイベント とてか03 にて発表してきました。 発表は「忍者式テスト」についてです。 忍者式テストは2004年頃に咳さんが発表されてから(咳さんチーム以外の)実施者が一人しか観測されていないテスト(開発?)手法です。 私が忍者式テストに取…

XP祭りに行きました #xpjug

http://xpjug.com/xp2014/ アジャイルが好きな理由 アジャイルソフトウエア開発が好きな人が集まっている会なので、いろんな人にアジャイルが好きな理由を聞いて回ればよかった。 自分が(受託開発で)アジャイルが好きなのは「動くものを見せながらお客さん…

技術力アップにつながる勉強会の選び方

要約 4つの選び方を紹介します。 これから使う技術の勉強会に参加 同じ技術の違うコミュニティの勉強会に参加 流行技術の勉強会に参加 変な人が主催する勉強会に参加 背景 「勉強会に参加しないと不幸になる話 - きしだのはてな」があります。 要約すると、…

SEMATカーネル勉強会 第2回に参加してきました #sematj

第二回 SEMATカーネル勉強会 SEAMAT勉強会のつもりでいったらパターンのワークショップでちょっとびっくりしました。 パターンが何かはパターンマイニング参考資料を見てください。 前から「フォース」がよくわからなかった、パターン形式の「フォース」。 …

社内勉強会はヤメだ。自主的はいらん、全員技術発表だ!

社内勉強会について僕にも思うところがある*1。 社内勉強会をやらない理由 - 勘と経験と読経 社内内弁慶を社外勉強会に参加させる方法: ソフトウェアさかば 最初に言っておくと弊社は20人くらいしか居ないし、受託開発と派遣が半々くらいのSIerだ。 id:kent4…

とちぎテストの会議02に参加してきました。

とちぎテストの会議に参加して来ました。 テスト界隈の人とRuby界隈の人が多くて、どちらかというとアジャイル界隈の僕はアウェイ? しかし不思議な会だった。 実のところテストのやり方についてはあんまり話していない。 共通する項目といえば、「開発する…