@ledsun blog

Hのキーがhellで、Sのキーがslaveだ、と彼は思った。そしてYのキーがyouだ。

シャノンの情報理論入門 価値ある情報を高速に、正確に送る (ブルーバックス)

シャノン先生はすごすぎるのです。

  • 1916年 アメリカのミシガンで生まれる
  • 1932年にミシガン大学で電気工学と数学を専攻 (16歳では?)
  • 1937年に、20世紀最高の修士論文「A Symbolic Analysys of Relay and Switching Circuits」(21歳では?)
  • 1940年にMITで博士号を取得(24歳では?)
  • 1941年にベル研に入る。
  • 1948年に「A Mathematical Theory of Communication」(32歳では?)

シャノン先生飛ばしすぎです*1

関連する登場人物

アラン・チューリング(1912〜1954)

アラン・チューリング - Wikipedia

チューリングアメリカに居ればなあと感じさせられます。

ジョン・フォン・ノイマン(1903〜1957)

ジョン・フォン・ノイマン - Wikipedia

ノイマン先生は範囲広すぎだし、応用分野強すぎ

ハワード・エイケン(1900~1973)

ハワード・エイケン - Wikipedia

  • Automatic Sequence Controlled Calculator(ASCC)を考案
  • 1944 年 Harvard Mark I (アメリカ初の電気機械式計算機)
  • 1947 年 Harvard Mark II
  • 1949 年 Harvard Mark III
  • 1952 年 Harvard Mark IV

ノーバート・ウイーナー(1894〜1964)

ノーバート・ウィーナー - Wikipedia

*1:この表現は意図したものです。何かに気がついた人は無視してください