@ledsun blog

Hのキーがhellで、Sのキーがslaveだ、と彼は思った。そしてYのキーがyouだ。

Mac OS X で Raspberry PiのOSイメージを焼く

Mac OS XMac に刺したSDカードにddコマンドを使ってOSイメージを焼く方法です。

OSイメージの入手

Downloads | Raspberry Piから好きなイメージをダウンロードします。 特にこだわりがなければ、サンプルが多いRASPBIANが良いと思います。

Download Zipをすると数時間掛かるので、面倒でもBitTorrentをインストールして、BitTorrent経由でダウンロードするのをオススメします。

SDカードの確認

SDカードのデバイス名を確認します。 SDカードをMacに刺し、ターミナルから次のコマンドを実行します。

diskutil list

次のような結果が表示されます。

/dev/disk0
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *251.0 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk0s1
   2:                  Apple_HFS Macintosh HD            250.1 GB   disk0s2
   3:                 Apple_Boot Recovery HD             650.0 MB   disk0s3
/dev/disk1
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     Apple_partition_scheme                        *374.6 MB   disk1
   1:        Apple_partition_map                         32.3 KB    disk1s1
   2:                  Apple_HFS Adobe Photoshop CC 2014 374.6 MB   disk1s2
/dev/disk2
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     Apple_partition_scheme                        *46.1 MB    disk2
   1:        Apple_partition_map                         32.3 KB    disk2s1
   2:                  Apple_HFS Bitcasa Installer       46.1 MB    disk2s2
/dev/disk3
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     FDisk_partition_scheme                        *8.0 GB     disk3
   1:                 DOS_FAT_32 NO NAME                 8.0 GB     disk3s1

Appleで始まるキーワードはOSで使っているデバイスです。 それ以外のデバイスが今回刺したSDカードです。 この例では/dev/disk3/です。

OSイメージを焼く

ddコマンドを使ってOSイメージを焼きます。

アンマウント

ddコマンドはマウントされているデバイスには実行できません。 一度アンマウントします。 指定するデバイス名はさきほど確認した/dev/disk3/です。

diskutil unmountDisk /dev/disk3 

焼く

ddコマンドでOSイメージを焼きます。

sudo dd if=2014-09-09-wheezy-raspbian.img of=/dev/rdisk3 bs=1m

完了まで6分掛かります。注意点がたくさんあります。

  • デバイス名を間違えるとMacのデータを壊せるので気をつけましょう
  • デバイス名にrを付けて/dev/rdisk3/にすると10倍速く焼けます
  • bs=1mオプションを付けると10倍速く焼けます

指定を間違えると、ものすごく時間が掛かるので気をつけましょう。

進捗確認

ddコマンドは実行中にCtrl + Tを押すと現在の進捗を表示します。

load: 1.00  cmd: dd 3056 uninterruptible 0.00u 1.31s
1935+0 records in
1934+0 records out
2027945984 bytes transferred in 258.285589 secs (7851565 bytes/sec)

2014-09-09-wheezy-raspbian.imgのファイルサイズは3276800000バイトです。 おおよその残り時間が推測できます。

動作確認

Raspberry PiをHDMIケーブルでモニタと繋ぎ、SDカードを刺して電源を入れてみましょう。 起動画面が表示されば成功です。

参考リンク

参考書籍

Raspberry Piユーザーガイド 第2版 ラズパイマガジン (日経BPパソコンベストムック)