@ledsun blog

Hのキーがhellで、Sのキーがslaveだ、と彼は思った。そしてYのキーがyouだ。

RailsConf 2020のKent Beckのトークを見た

koicさん*1を真似ました。

Software design is an exercise in human relationships

我々、プログラマは次のような段階を経て、コミットの粒度を工夫していきます。

  1. 巨大な1つの塊
  2. 構造の変更(リファクタリング)と機能の変更に分ける
  3. 構造の変更(リファクタリング)と機能の変更のいくつもの小さなコミットに分ける
  4. 3を1つのPRから、小さなPRへ分ける

な話を解説していました。 僕個人の体験とも一致していて納得感があります。

Kent Beckらしいと思ったのは、この工夫を「relationshipのメンテナンスだ」と表現しているところです。

Waiter(プロダクトオーナー)とChanger(プログラマ)の人間関係、Changer(プログラマ)とChanger(プログラマ)の人間関係のメンテナンスだと。

なるほど、"XP is about social change."*2のKent Beckでした。

参考:RailsConf 2020