@ledsun blog

Hのキーがhellで、Sのキーがslaveだ、と彼は思った。そしてYのキーがyouだ。

静的サイトをホスティングする

RubyスクリプトをWebAssembly化したRubyランタイムで動かす - @ledsun blog でブラウザで動くRubyスクリプトができました。 スマートフォンでみれるように、ホスティングします。

しました。 https://wordle-search.onrender.com/ です。 スマートフォンで見ると「もうちょっとスタイルがんばったほうがいいな。」と思いました。

今回は Cloud Application Hosting for Developers | Render を使ってみました。 GitHub pagesでもいいのですが、それなりに面倒くさいので、もっと簡単なやつを探しました。

最初は How to deploy a static website for free in just 3 minutes straight from your Google Drive, using Fast.io を読んで、Fast.ioを試そうとしました。 サイトを開いたら、ピボットしたのか違うサービスに変わっていました。

Fast.ioのスクリーンショット

次に 8 Best Static Website Hosting for Business and Personal Use を読みました。 今回はindex.htmlを置くだけなので、なるべくリッチなアプリケーション向けでないサービスを選びました。 Renderです。 サインアップして、GitHub上のリポジトリと連携したら、静的サイトがちょちょっと作れました。 便利です。

GitHub - ledsun/wordle_search: Look for wordle answer candidates.ソースコードがあります。 本当にindex.htmlが一つあるだけです。 埋め込んだ辞書データの権利は気になります。

実際に配信されている、レスポンスヘッダを見ると次のことがわかりました。

  • Brotliで圧縮されている
  • cloudflareから配信されている

レスポンスヘッダ

だったら Cloudflare Pages で、よかったのでは?みたいな気もしないでもないです。