@ledsun blog

Hのキーがhellで、Sのキーがslaveだ、と彼は思った。そしてYのキーがyouだ。

iPadのSafariのアドレスバーでURLを編集する方法

WebアプリケーションをiPadデバッグしています。

Webアプリケーションを実行している開発PCに振られているIPアドレスが変わったときに、昨日デバッグに使ったタブを開いて アドレスバーの http://192.168.1.48:8000/dist/demo/development.htmlhttp://192.168.1.52:8000/dist/demo/development.html に変えたいです。

アドレスバーをタップすると、URL全体が選択されます。 そこで、選択領域の前端と後端を調整して48を選ぼうとします。 が、前端をタップすると、なぜか編集終了します。 これで毎回苦戦していました。

今日、上手い編集方法を見つけました。

  1. アドレスバーをタップし、URL全体を選択します。
  2. URLと×ボタンの間の領域を、2回タップします。

すると、カーソルが選択領域なしのキャレットになります。 なんと、キャレットはドラッグして移動できるんです! 48:の間に移動すれば、ソフトウェアキーボードでバックスペースキーと数字キーを操作するだけで、IPアドレスの変更が完了します! やった、便利!

絵がないとわかりにくいですね。

AndroidChromeだと、アドレスバーを編集するときに最初からキャレットです。 それに慣れていたので、URL全体が選択される挙動に戸惑っていました。

追記

ソフトウェアキーボードのSpaceキーを長押しするとキャレットになるそうです。 elimさんに教えてもらいました。